06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Cheer]
スポンサー広告】 | top↑
Open Your New doors!





三寒四温といいながら まるで冬に戻ったような寒さ
一週間ほども降り続いた雨

それが 当日 パッとあがった

めずらしく暖かな先日のこと




講堂には 既にたくさんの父母・保護者
その先には
着慣れた制服に身を包む子もいれば
カジュアルな服装の子や 中には振袖の子まで
おもいおもいの装いで この日を待ちわびて
背筋をピンと伸ばし 誇らしげに席に着いている

人間性を重んずるこの私学ならではの 微笑ましい光景



爽風(さわかぜ)のように式は進み
神妙な面持ちで壇に上がり 証書を受け取る 輝く萌芽達よ

簡潔でいながら 厳かな式



最後のHRをそれぞれのクラスで済ませ
友や 担任との 記念ショット 「はい、チーズ♪」

午後からは ホールで
有志が設(しつら)えたのであろう 簡単な けれど心のこもった 立食パーティー
思い思いの友と集う
思春期の眩しい輝き


分身ちゃんの仲良しちゃんに 「可愛い!」と何度も言われ 聊か戸惑う
(年齢不詳&リアクションが面白いから らしいのだけれど。。。
だって、そう言ってくれてる仲良しちゃん メチャ可愛い子なんだもの)

フットワーク軽やかな教師陣は 記念写真にひっぱりだこ
(輪の中心に かと思えば 写真撮り係を とちゃっかり乞う現代っ子も)


校内での活動・校外での様々なフィールドワーク
この日までの様々なシーンが 大型スクリーンに映し出され
伸び伸びと 学園生活をおくってきたことがよくわかり
ほんわかと温かな気持ちになる





おもえば、、、
家族への打診一切無しの
子どもたちの父親の独断による全く急な新居への引越し
(建てて僅か数年の家にたくさんの荷物を残したまま。。。)
お別れ会等も無しに
選択肢無く急に友との別れを余儀なくされた子ども達の心情

事後承諾を強いられ、
慌しく子どもたちの転入学の手続きと
その狭間をぬっての二つの家の気の遠くなるような荷物の整理。。。
自身の生業。。。

越して間も無くの新学期
クラスに馴染むその前に 転校先の担任の信じ難い陰湿な虐め
我が子に一切の非が無いにもかかわらず。。。
(12歳ながらに自分の意見をきちんと持ち、
冷静に理路整然と正当な主張をすることが気に障ったようだ
女の子だったから なおさらに
・・・子どもたちの幼い時から それぞれの個を重んじて慈しんできた
   私の両親が 私にそうしてくれたように
   ただ それだけのことなのに・・・)

子の安全が保障されないと按じ、不登校もよしとした
腹を括った 学校側との交渉も幾度も。。。

「学校に行かないのは 弱いからだ 落ち毀れだ」等々と
毎日のように心無い言葉をあびせ、
ただただ学校に行かすこと
いい学校といわれるところに進学させること
だけを望む
自分の体面だけのために汲々とする父親
添う / 想いを馳せる ことなど 思い付きもせず。。。


担任、、、父親、、、
柔らかで感受性の豊かな子どもたちの心が
                どんどん硬く閉じてゆく … …

自身 既にボロボロな中
私が護らないで誰が護れるのだと
ボロボロになった子どもたちの心を必死で護ってきた
(母は強し なんてかっこいいもんじゃないけど、
 火事場の馬鹿力かも :p)




人間の可能性は未知数
机上のペーパーテストの成績など
無限の可能性の中のほんの一部 全く微々たるもの
それも バイヤスの掛かった物差しで作られたものに過ぎないのだし

手前味噌だけれど
子どもたちは
自尊心を失わず 人の痛みのわかる子に しっかりと育ってくれている
それがなにより

わたしが我が子達に贈れるものは
この 生き様 心根ひとつ
だと想うから




娘本人が見つけ 希望したこの学校
AO入試で見事入った時には 母娘で思わずやったねピース :-)
子の資質を見極め この学校に進学させて正解だった







どの子達も
友と分かれ難いと思い詰めたような 涙 涙 の湿っぽさ
など超えて
あったかくって爽やか この上ない

あぁ なんと いいお式


あちこちから 歓声があがる
笑い声が あふれる

よき友 よき師 との 出会いと絆は
ずっと大切な宝物となるであろう





唯一無二の掛け替えの無い愛しき命
どの顔も
はちきれんばかりの 溢れるような輝きで
満ち満ちている






限りない可能性を秘めた 輝く萌芽達よ


まるごとの自分自身を信じて

さぁ、

君たちの 新たな扉を  拓くが いい!















-------------------------------------------------------------------------------------------

この時期は 殊の外
学校行事と 生業関係の学会・研修 等々 目白押し

肉体的には ほんに ‘体力無しコ’ なれど、
‘それぞれの場でエナジーもらって 自分のエナジーに変えちゃう特技有りコ’
でもある わたしです。。。:-)
生きとし生けるものの可能性は無限であり
その秘めたる萌芽は まだわたし自身の内にも幾つか残っていると信じているから

今日も こうして描くことができた。。。
生かされていることに 感謝 ... ...


S.

[Cheer]
for youTB(0) | Comments(4) | top↑
<<ナニシテ あそぼ | Home | >>
Comments
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/13 23:56】 | #[ EDIT]
卒業
そういう季節ですね。
おめでとうございます。
分身ちゃん、と思えるような関係の健やかさと、
それまでの来し方に、ひとまずお祝いを。
【2009/03/16 00:04】URL | ふう #XIgdIt3I[ EDIT]
Why don't we try it?
鍵さま

Special White Day ...

ありがと!
たくさん感じさせてくれて ... ... ...


ふふふ
それ って
お互いに そんなふうにも想っていればこその point of view ね ... :-)

シテ! それ もっと
( って、あんまり先じゃ 保証無いな。。。 シッテルデショ ... )
マジで 遠慮しないでいい
わたしだけがシッテル あなたの _____ 思いっ切り ダシテ  (謎)

【2009/03/16 20:43】URL | Sarah #RTPFDUqo[ EDIT]
Thanks
ふうさん、
こんばんは。

嬉しいコメント 素直に ありがと :-)


服のサイズもおんなじなので、
時間 見つけて 一緒にお買い物に行ったり、
時々 換えっこして着てたりも。  (笑)
一瞬 一瞬 大事に 生きたいから ってのも あったりもして。。。 (謎)

【2009/03/16 20:44】URL | Sarah #RTPFDUqo[ EDIT]
Please comment














Only Admin
| Home |
Profile

Sarah

Author:Sarah
 
ようこそ♪


夢は現(うつつ)
現は幻(まぼろし)
刹那の幻こそ現なれば
‘いま’という その刹那
いと愛(かな)しまん
(われ)あるままに
一期一会 千夜一夜の
永遠(とわ)の契りに

by Sarah

List of all articles
Inside search
FC2-counter